voicy本 書評

おすすめのvoicyパーソナリティさんの本を読んで:しゅうへい著『お金の不安ゼロ化メソッド』

 

しゅうへい著『お金の不安ゼロ化メソッド』2022年5月27日、KADOKAWA

 

しゅうへいさんのvoicyチャンネルはこちらです

 

はじめに

予約していて待ちに待ったしゅうへいさんの著書。しゅうへいさんのvoicyを毎日聴いて、リアルセミナーでも講義を聴いてるので、しゅうへいさんが語り掛けてくれるような感じで、一気に読み終えました。

最後の目次に記載する11章で構成されています。各章は、「借金500万会社員の質問」に対する「年商3000万フリーランスの回答」という形で構成されています。

各章の最後には、その章のエッセンスが箇条書きでまとめられており、その見開きページを読むだけでも学びがあります。

まとめの後にはしゅうへいさんからのショートメッセージがあり、コーヒーブレイクみたいな感じでこれも面白かったです。

voicyやセミナーで話されていた話もありますが、改めて文字にして読むことで、理解が深まりました。

 

普通

この本を読んでいて、涙が出てきそうになったフレーズがあります(こぼれ落ちるところまではいきませんでした)。しゅうへいさんも、まさかこの本を読んで泣く人がいるとは思わなかったはず(笑)。

それは「あなたの普通じゃない部分は、あなたの個性です。」のフレーズです。

わたしは昨年の初め、統合失調症で40日間入院しました。入院しているときは何で自分はこんなことになってしまったんだろうと悩んだこともありました。しかし、今は順調に復職して、入院前よりも多くの売り上げを上げています。

もちろん、周りの方々の理解もあり、順調に生活を送れているわけですが、自分の病気を受け入れることで、変わることができました。

統合失調症は100人に一人がなるといわれますが、やはり普通ではありません。それも個性と受け入れることで、さらに前向きに生きられそうです。

 

今の幸せ

「今を一生懸命生きる」をモットーにしてるので、「今」を大切にするという部分にはとても共感しました。どうしたら今の幸せに気づけるか。体験談も踏まえて述べられているので、実践できてない人にはとても参考になると思います。

仏陀の教え「一切皆苦(人生は思い通りにならない)」。この解決策の「諸行無常(全てはうつり変わるもの)」。これを常に意識することで、今に向き合うことができるはず。

遠く離れた実家の父が入院しました。パーキンソン病で歩くことができなくなり、透析をしているので、この先退院できないかもしれません。入院してオンライン面会しかできなくなり、父が家にいる間にもっと帰っていればよかったと後悔しています。

でも、今に向き合えば、頻繁に帰ったり、できることをしていけばいい。今の幸せを感じるために、この先後悔しないように実践していきます。

しゅうへいさんも紹介していた林真理子さんの言葉

「したことの後悔は、日に日に小さくすることが出来る。していないことの後悔は、日に日に大きくなる。」

ですね。

 

自分のために頑張る

もう一つモットーにしていることが、「自己中」。澤円さんの『「やめる」という選択』で学んだことです。自己犠牲ではなく、いい意味での自己中は自分も他人も幸せにします。

無料でできる「行動」をサボらないようにします。この本を読んでの感想をまとめてブログにアップするのもそう。このブログをどれだけの人が読んでくれるか分かりませんが、感想を書くために本を何度も読み返しています。これは間違いなく自分の糧になります。

 

お金の不安

最後に、本のタイトルにもあるお金の不安ゼロ化について。

私は住宅ローンに加え、フリーローンがあります。しかし、しゅうへいさんの仰るようにキャッシュフローが回っていれば問題ありません。

と、格好つけたことを言いながら、お金の管理は妻に任せています。自分は毎月の小遣いの中でやりくりしています。

実は私もリボ払いの地獄にはまっていた時期がありました。最初は妻に相談できず、苦しい時期が続いていました。妻に打ち明けて管理をお願いしてからは、身の丈にあったお金遣いをして、それなりの給料でやっていけています。

お金のやりくりは私にとって魚の木登りなのかもしれません。でも妻にお願いすることで解決。今はお金の不安はありません。しゅうへいさんの本を読んでその思いが強くなりました!

本を読む前には、もっと仏教の話があるかと思っていましたが、意外と少なかったですね。次回のしゅうへいさんの著書では、仏教のお話を書いてほしい!

これにて感想を締めたいと思います。

 

目次

ポイント

1章「お金」

Q:お金のことを心配しない日がない。かと言って解決策は見つかってない。この苦しみはいつまで続くの?

A:1億円あっても、お金の不安はなくならない。不安をなくす処方箋=お金の不安ゼロ化メソッドをもっておこう。

 

ポイント

2章「働き方」

Q:会社をやめて不安定なフリーランスを選ぶなんてできない。結局、サラリーマンが一番安定しているんでしょ?

A:サラリーマンは「受注先がひとつしかないフリーランス」とも言える。会社員が安定という幻想は捨てたほうがいい。

 

ポイント

3章「行動・思想」

Q:行動するにも問題が山積みで先に進めない。どうしたら行動できるようになるの?

A:問題点と友達になると、人生は動き出す。

 

ポイント

4章「人間関係」

Q:なぜ人間関係でこんなに消耗するのか?

A:人間関係はイカ釣りと一緒。人はコントロールできないものと思えば、イライラしない。

 

ポイント

5章「住む場所」

Q:自分の家をもってこそ、一人前の大人でしょ?

A:マイホームは銀行の資産。あなたにとっては負債かも。

 

ポイント

6章「アウトプット」

Q:SNSを始めてみたいけど、何を発信すればいいの?

A:「すごいこと」を発信しなくていい。今の自分をアウトプットしてみよう。

 

ポイント

7章「お金の稼ぎ方」

Q:副業でお金を稼ぐのが後ろめたい。稼ぐ=悪なのか?

A:お金は電気のようなもので、良いも悪いもない。「お金=悪」というメンタルブロックを外そう。

 

ポイント

8章「幸せ」

Q:どうしたら幸せになれるのか?

A:執着と妄想を手放し、「今の幸せ」に気づこう。

 

ポイント

9章「人生の変え方」

Q:このまま平凡な人生を送るのか?

A:自分のために頑張れば、人生が変わる。

 

ポイント

10章「習慣」

Q:やりたいことはあるけど、なかなか続けられない。どうしたら継続できる?

A:シンプルなルールを作れば、やりたいことを継続できる。

 

ポイント

11章「普通」

Q:周囲と比べて普通じゃない自分がツラい。どうやったら「普通」になれるの?

A:僕は「普通」に憧れて、「普通」を捨てた。

 

  • この記事を書いた人

ひろとも

1日10以上の放送を聴くvoicyヘビーリスナー|Twitterで毎日つぶやいてます|ブログではTwitterの投稿をまとめてます

-voicy本, 書評